HOME > 業務案内

業務案内

研修のご案内

愛知県植木センターでは、植木等の生産や流通、庭園・緑地の施工や管理などの業務に携わっている方々を対象に、造園施工や緑化木生産に関する様々な研修を実施しています。また、造園や緑化木生産業務の資格取得のための講習も実施しています。

これらの研修や講習の受講には、科目により受講資格やお申し込み方法等が異なりますので、当ホームページより「研修のご案内(PDF)」をダウンロードしてお読みください。

主な研修科目

基礎講座

庭石の組み方と据え付け法、配植の基本技法、垣の種類と施工技法など和風の庭園の基本的な施工法を実践し、併せて応用範囲の広い知識及び技能を習得する。造園技能検定を目指す方にも役立つ。

造園技能コース(全8回)
科目名 予定定員
和風造園の計画と施工法 30名
石組みの施工
つくばいと灯ろう工
延段と敷石工
配植と植栽工
垣根工
仕上げ及び庭園の取扱いと作法
庭園の管理

芝の管理

その他の基礎講座
科目名 予定定員
緑化木の病害虫と防除 50名
芝の種類と生態
芝の管理
樹木の整姿・剪定
土壌と肥料の基礎知識

実務講座

個人住宅における外構(門、塀、アプローチ、車庫等)計画、造園計画、詳細構造図(パース、平面図)等を作成するなど、造園設計における基本的で幅広く応用できる知識及び技術を習得する。

造園設計コース(全8回)
科目名 予定定員
製図の基礎 20名
敷地計画
造園・外構計画Ⅰ(平面プラン)
造園・外構計画Ⅱ(植栽プラン)
造園パースの基礎
造園パースの作成
造園図面の表現法
造園パースの彩色と講評
その他の実務講座
科目名 予定定員
マツの手入れ(春)
午前・午後
各25名
庭のデザイン 50名
緑化樹木の種類
安全作業と新技術(西尾講座)
樹木の掘り取りと根巻き 20名
マツの手入れ(秋)
午前・午後
各25名
果樹の剪定
午前・午後
農薬の安全講習会 50名
接ぎ木 20名
グループ研修 20名程度

資格取得講座

小型移動式クレーン運転技能講習

科目名 予定定員
造園技能検定(要素試験)準備 80名
刈払機作業者安全衛生教育 20名
小型移動式クレーン運転技能講習
玉掛技能講習(特例)
小型車両系建設機械運転特別教育
チェンソー(小径木)作業者特別教育

一般講座

盆栽ゼミ

科目名 予定定員
盆栽技能ゼミ 20名
正月盆栽 30名
樹木学習(小中学生の児童生徒を対象) 30名程度

ご相談について

愛知県植木センターでは、緑化木(植木等)の生産や管理、病害虫防除、造園施工などについての、様々なご質問やご相談にお答えいたします。業務時間内に本館事務所に直接お越しいただくか、お電話でも受け付けています。

※野菜や果樹等のお問い合わせ、メールでのお問い合わせには対応しておりませんので、あらかじめご了承ください。

調査研究のご紹介

愛知県植木センターでは、緑化木生産および造園に関する諸問題の解決を目的として、種々のテーマを設定した調査研究を行っています。
平成29年度は、次の3課題に取り組んでいます。

新梢伸長抑制剤による剪定作業の軽減効果についての調査

研究内容:枝葉の伸長が速い樹種について年間剪定回数を削減できないかの調査
調査期間:平成28年度~平成29年度

剪定等により発生する枝葉の堆肥化に関する調査

研究内容:剪定枝葉等を針葉樹、広葉樹等に区分して堆肥化しその特性を調査
調査期間:平成28年度~平成30年度

長期休眠型種子の休眠打破についての調査

研究内容:休眠打破を図るための効果的な処置方法についての調査
調査期間:平成29年度〜平成31年度

平成27・28年度に終了した課題につきましては、その成果を「植木センター報告 第13号」に掲載しており、当ホームページよりPDFファイルをダウンロードしていただけます。

情報の提供について

生産者の経営の参考にしていただくために、県内植木市場動向の最新情報を集めて提供しています。
また、「植木センターだより」にて、植木に関する情報や当センターの研修紹介などを行っています。

愛知県内植木市場の取引動向

愛知県植木センターでは昭和61年から県内の3植木市場において、主に地元から出荷される緑化樹木を中心に21樹種(一般植木、株・玉物、生垣用樹)の取引量を春期(2月~4月)と秋期(10月~11月)に調査しています。また、平成20年からは近年市場でよく見られる10樹種を追加して調査しています。

植木センターだより

「植木センターだより」は、植木に関する様々な話題を幅広くご覧いただくために、3月・6月・11月の年3回、定期的にホームページ上で公表しています。研修や講習レポートのほか、調査研究中のテーマについての中間報告、季節の病害虫防除の情報を掲載しています。